So-net無料ブログ作成

ドイツ優勝で終わったけれど・・・ [W杯]


 それ程、ドイツ、アルゼンチン、オランダの強さは順位以上に『優劣 』つけ難く、1国(1チーム )独自の戦略がやはり、監督采配の鍵で各チームの個性何だろうなと痛感させられた。
 ジンクスは破られるものでもあるし、変わらない事もある。
 W杯優勝国の監督が『自国 』の監督である事もジンクスで、日本がW杯優勝まで、道のりは遠くとも、自国監督なら、『長谷部 』選手が、もっとも有望な事くらいは理解出来た。
 世界最大の『お祭り 』は、この後、またブラジルでオリンピックとしてありそうだけど、サッカーは一先ず終結。
 4年後ロシアの事まで、語れる筈も無く、ただただ、世界レヴェルの戦いに魅了された一ヶ月だった。
 一発勝負の決勝トーナメント、勝者がいれば敗者がいる。それだけで良いじゃない・・・ 
コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。